オーダーシャツを作る場合には、まず、生地やデザインを選ぶことから始まります。ここでのポイントとしては、実店舗に出向くか、または、ネットで申込を行い、製作に関しての指定を行うかがあります。オーダーシャツは、テーラーでは実店舗に出向くことになりますが、大手シャツメーカーの場合にはネットと実店舗の両方に対応しているところもあり、できるだけ実店舗に出向いて依頼をする方が安心することができます。特に初めての場合などでは、デザインや素材に関しても聞くことができ、失敗するリスクを少なくすることができます。

次に採寸があります。この場合においてもできるだけ実店舗に出向いて行うようにします。オーダーシャツでは、オーダー経験が豊富な場合やメールや電話等でも内容に関して知識がある場合、また、同じ場所で過去にオーダーをしてデータが残っている場合などでは出向かなくても依頼をすることができますが、そうでない場合には自分で採寸を行う必要があり、初めての場合などではフィット感のある製品にはならない場合があるために注意が必要になります。テーラーなどの専門店で訪問がされない場合には依頼を受け付けないところもあることを認識しておく必要があります。

出向いて採寸を行う場合のポイントとしては、もし、使用しているシャツなどで気に行っているものがある場合などでは持参をした上で打合せを進めていくことも1つの方法となります。使用しているシャツを持参することによって依頼を受ける方も要望に関して判断しやすくなり、希望する製品を作ることができるようになります。また、採寸後は生地の裁断へと流れていくために、ここでは疑問点や知りたいことに関しては遠慮をしないで聞くことが大切なことになります。そして、製作に関しては、テーラーではその店舗で行われ、大手の場合には工場で作られ検品後に引き渡せれることになります。

立川駅で洋服お直しのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です