人間にとってオーダースーツはからだ全体を支える重要な部位であり、そういった意味でも大切なパーツになっています。オーダースーツにお世話になる時期は主にサラリーマンの頃ですが、長持ちさせていくためにも正しい知識を考えていくようにすることが重要です。また値段に応じた捉え方があり、メーカーが指定した方法が結果的に一番よい内容になることが一般的です。さらにオーダースーツによる洗い方を心得ておけば、とっさの際のクリーニングにも適応でき、大事な場面でも役に立っていきます。

具体的に見ていけば、専用のブラシと中性洗剤が基本となりますが、こういったものが不足している場合は、ハブラシと歯磨き粉で代用することが可能です。汚れを落としていく最大のコツは、こするよりも浮かせてスムーズに落とすということが基礎になるため、バケツに用意した水に浸けてから作業を開始していく行動が大切です。頑固な汚れにおいては完全にきれいにするまで時間を要することから、暇な時間がある日を選んで実行する姿勢が賢明になります。繊維に沿って傷めない程度の力で徐々に落としていくようにするというテクニックを身につければ、作業後のニオイに大きく関わる内容であるため、内部まで完全に乾燥するように努めることが大切です。

また乾いたタオルで拭いてから、乾かしていくスタイルが定番になっているので、色落ちに注意しながらじっくりと見守っていくようにする行動が重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です