作業服に用いられる素材の多くは、綿かポリエステルで、二つの素材が混合しているものも存在します。耐久性や着心地など、求める機能によって選択する素材は変わっていきます。綿とポリエステルは両方の素材ともメリットとデメリットがあるため、作業服を使用する環境に合わせて最適な種類を選びましょう。綿は柔らかく肌触りに優れているのが特徴です。

吸水性・吸湿性に優れているので、汗をかいてもすぐに吸い取り放出してくれるため快適に着られます。ポリエステルよりも熱に強いので、火を使う現場でも活躍する素材です。しかし、型崩れしやすく縮んだりシワもできやすいため、お手入れに手間暇がかかるデメリットもあります。ポリエステルは耐久性に優れ、シワや色落ちが少なく形態安定性が高いのが特徴です。

お手入れが簡単で、洗濯したあとにアイロンがけをする手間がかかりません。一方、吸湿性は低いので蒸れやすく、紫外線を含む日光に弱い特性を持ちます。静電気が発生しやすいので、精密機器を扱う現場では避けた方が無難です。作業服は様々な現場で用いられるため、特殊加工が施されているタイプもあります。

工事や清掃を行う環境では、暖かく着られるような保温加工、水を扱う調理場などでは撥水加工がおすすめです。衛生面が何よりも重視される医療現場では、制菌加工や防汚加工が欠かせません。作業服は用途に合わせて選択することで、快適かつ機能的にも最大の効果を発揮することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です