ネクタイを選ぶ際のポイントがいくつかあり、まずは素材を合わせることが大事です。ネクタイの素材には、光沢や起毛があるもの、マットなものなど、様々なものが使用されています。また、シャツやジャケットの素材も、様々な見た目のものが使われているので、両方の素材感を合わせることにより、服全体の統一感を出すことが可能になります。そして素材感を合わせたら、次はネクタイの幅をチェックします。

例えば、ラペルよりも極端に細い場合は貧相に見えるので、幅が広いラペルには太いもの、狭い場合は細いものを選ぶことで落ち着きます。そのため、購入する際は、大剣のサイズやジャケットのラペル幅を確認して、合うものを選ぶことが大切です。それから、色が多すぎるものも避けることが望ましく、できるだけ3色以下に抑えるのが目安とされています。よく見かけるものとして多色使いのストライプがあり、単品としては綺麗ですが、購入する前には、どのような組み合わせが可能かどうかをイメージする必要があります。

逆に落ち着いた雰囲気にしたい時は、1色でまとめるのが理想的で、例えば紺のスーツには、白もしくはサックスのシャツにネイビーのネクタイを選びます。さらに、単色のものではなくて、他のパーツの色をネクタイの中に置くと雰囲気が安定します。比較的簡単な方法は、ストライプのものでシャツの色と合わせるやり方で、シャツが水色の場合は、水色が含まれたストライプ柄のものを選びます。また、水色のシャツと水色の小紋が入ったものを合わせるという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です