ビジネスマンにとってスーツは勝負服です。仕事ができるビジネスマンはスーツにこだわりをもっています。それは、人により変わりますがブランド物のスーツを着用している人、オーダーメイドで自分の体型に完全に合わせたスーツを着用している人。皆さんはスーツにこだわりをもっていますか?ですが、どんなにスーツにこだわりをもっていてもシャツとネクタイの組み合わせが合っていなければできる男には見えません。

特にネクタイはスーツ姿で一番目がいくVゾーン部分を彩るアイテムですので、どんないいいスーツを着ていてもネクタイで手を抜けば台無しです。ネクタイを選ぶ際に一番重要になってくるのは、色です。スーツはブラック、ネイビー、グレー、ブラウンとダークカラーが多いので、それに合わせてダークカラーで合わせると落ち着いた印象になりますし、逆に明るめのカラーを合わせるとVゾーンが華やかになり、オシャレな印象を与えることができます。カラー心理という言葉があるように、色は人の感情に影響を与えることもできます。

大事な会議があるという時には赤色をつけることで気合が入り、相手から見た印象も仕事に対して情熱的に取り組んでいるように見えますので、その日の仕事内容や会う人、行く場所によっても色を使い分けることで自分自身や相手の感情もコントロールすることができるかもしれません。同じスーツを着るにしてもネクタイの色を変えるだけで印象を変えることができますので、明日からは色に意識をもちコーディネートを考えてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です